中型だってこんなに速い!ゼロヨン最速トップテン

     
     
https://test.top10.co.jp/car/2386

バイクはその軽さから加速力にとても優れた乗り物です。その加速力は、スポーツタイプならば250ccでもスーパーカーと遜色ないゼロヨンタイムを叩き出します。当然、排気量が大きければパワーが出るため中型にくらべ大型バイクが速いのですが、今回は中型免許で乗れる「中型バイク」に絞ったゼロヨンタイムのランキングをご紹介させて頂きます。

用語紹介:【ゼロヨン】

停車状態から一定の距離をいかに速く走り切る事が出来るかを競い合うレースを「ドラッグレース」と言います。その中でも400mの距離を競うレースを日本では「ゼロヨン」と呼称することが多いです。

参考までに、ミニバンなどの普通乗用車なら16秒でもそこそこ速いタイムであり、12秒ともなればいわゆる「スーパーカー」と呼ばれる車のタイムです。


             

1位:KAWASAKI XANTHUS

ゼロヨンタイム:12.1秒

加速最強の中型バイクを探していると、結局このバイクが最速なのではないかと行き着く先がこのバイクです。

エンジンは同社のレーサーレプリカであり、本ランキング4位の「ZXR400」のものをベースとしています。「4ストマッハ」の異名を持ち、完全にワンクラスオーバーの加速力でゼロヨン11秒台という話も目にします。


             

2位:HONDA CBR400R '87

ゼロヨンタイム:12.20秒

「乗りやすさが速さにつながる」と謳うホンダの、現在まで続いているCBRの系譜のバイクです。どの時代でもホンダのバイクで最速のバイクといえば、このCBRの名前がついています。


             

3位:SUZUKI RG400Γ

ゼロヨンタイム:12.23秒

ノーマルでの公称最高速で226km/hに達する、現代の市販中型バイクではアプリリアくらいでしか見れないスペックを誇ります。高回転で走ること前提のようにタコメーターに3,000rpmより下の回転数が表記されていないという逸話も有名です。


             

4位:KAWASAKI ZXR400R

ゼロヨンタイム:12.3秒

ワークスマシンであるZXR-7、ZXR-4のレプリカとして開発されました。ZXRシリーズ最大の特徴であるアッパーカウルの左右から空気を直接に送込み、エンジンの冷却を促進するシステムが採用されています。


             

5位:YAMAHA FZR400

ゼロヨンタイム:12.34秒

XJ400Zを発展させたFZ400Rの後継車種として開発されました。このバイクをベースにしたワークスTT-F3レーサーも同じ名称を与えられています。


             

6位:SUZUKI GSX400X_impulse

ゼロヨンタイム:12.35秒

インパルスの2代目にあたる、あの初代カタナ(GSX1100S)をデザインしたハンス・ムートによりデザインされました。「東京タワー」や「六本木」などの現代的な日本をモチーフとしているそうです。


             

7位:SUZUKI GSX-R400

ゼロヨンタイム:12.36秒

現在においても脈々と受け継がれているGSXの系譜の中型バイクです。フレームの構造材にアルミ合金を用いたことにより、驚異の乾燥重量152 kgという軽さを誇ります。


             

8位:HONDA NSR250R '87

ゼロヨンタイム:12.69秒

現代において速かった中型といえばまず名前のあがるNSR250R 「NSR」とはNewSprinterRacingの頭文字であり、公道仕様だけでなくレース専用モデルも販売されていました。


             

9位:YAMAHA TZR250

ゼロヨンタイム:12.90秒

速い中型というとNSR250Rが有名ですが、同等の性能を誇る中型バイクがこのTZR250です。TZR系はレーサーレプリカでありながら、万人向けの乗りやすさも開発コンセプトの一つであったシリーズです。


             

10位:HONDA NS400R

ゼロヨンタイム:12.92秒

NS-1が有名なシリーズで最大排気量を誇るのが、このバイクです。ロードレース専用レーシングマシンであるNS500の技術をつぎ込んだレーサーレプリカです。


いかがでしたでしょうか。最初に述べたとおり、中型バイクであっても直線に限ってはスーパーカーのようなレコードを叩き出します。10位ですら12秒台であることから、意外と沢山の速い中型バイクがあることがお分かりいただけたかと思います。

中型は大型バイクに比べて取り回しの良さや、大型より低パワーであるためアクセルワークも過敏になることなく「バイクを操っている感」をとても強く感じられます。

古いバイクが多いため程度の良いものを見つけるのも中々大変ですが、「速いバイクが良いけど大型免許が無い」「中型が一番楽しいけど速さも欲しい」という方は、探し出して愛車としてみるのはいかがでしょうか。


関連記事

  1. スポーツカー開発の聖地!ニュルブルクリンク市販車最速トップテン

  2. 現行時代に乗っていた人達に聞いた!かっこいい旧車(バイク)トップテン

  3. 想像できない速度域!市販車最速トップテン

  4. 女性だって車に乗りたい!女性に人気の可愛い車トップテン

  5. 購入前に知っておこう!車のオプションパーツランキング

  6. 最速の四輪を創造する!F1コンストラクター優勝数トップテン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。