現行時代に乗っていた人達に聞いた!かっこいい旧車(バイク)トップテン

     
     
https://test.top10.co.jp/car/2631

バイク好きの一定の層には、現行のバイクよりも昔のバイク、いわゆる”旧車”を好む人がいます。今回はその旧車たちが”現行車”として走っていたころに青春を共にした方たちが決めたカッコイイ旧車のトップテンをご紹介します。


             

1位:KAWASAKI 750SS(H2)

「マッハⅣ」とも呼称されるバイクです。当時世界最速であったCB750を打倒する為に、SS500を750ccまで排気量拡大して開発されたのがこのSS750です。その万人には向かない乗りづらさから、SS500と共に所謂「ジャジャ馬」と呼ばれました。日本国内で走れる市販バイクで世界最速であるNinja H2はこのバイクから名称をとられています。


             

2位:KAWASAKI 750RS(ZⅡ)

現行でも旧車でも人気の高いZの系譜の、通称「ゼッツー」と呼ばれるバイクです。当時流行していたあいつとララバイという漫画に影響されたという方もいらっしゃいました。「Z750RS」と呼称される事も多いですが、正式名称は「750RS」もしくは「Z900Four」であり、は正式な車名として「Z750RS」という車名は存在しないようです。


             

3位:HONDA CB400Four

通称「ヨンフォア」と呼ばれるバイクです。旧車らしい重低音が高く評価されているようです。中学生時代に、このバイクに憧れていたという方も多く、その影響から今でも人気のバイクとしてあげられるのではないでしょうか。


             

4位:KAWASAKI KH400

通称「ケッチ」と呼ばれるシリーズのバイクです。1位の750SSなどの属するマッハシリーズ譲りの2ストローク3気筒3本マフラーなど、ともかくそのスタイルがカッコイイ!という方が多かったです。


             

5位:SUZUKI GT380

通称「サンパチ」と呼ばれるバイクです。1位の750SSなどの属する「マッハ」シリーズおよび「KH」シリーズが当時のライバル車でした。当時から旧車とされる現在まで人気が高く、思い入れ深いバイクであるという意見が多かったです。


             

6位:KAWASAKI Z400FX

通称「フェックス」と呼ばれるバイクです。直線基調のデザイン重視で開発されたバイクであり、上品な外観を持つバイクです。欧州で発表された「Z500」を日本国内向けに「中型自動二輪免許」で運転できるように中型バイクとして発売されたのがこのバイクでした。


             

7位:SUZUKI GS400

スズキ初の400cc4ストロークDOHC直列2気筒エンジンを搭載したバイクです。このバイクに限ったことではありませんが、当時のスズキ車はギアポジションインジケータが採用されているバイクが多くありました。


             

8位:SUZUKI GT750

通称「ジーナナ」と呼ばれるバイクです。スズキが開発した初の大型モデルで、ホンダの「CB750FOUR」や1位の「750SS」がライバル車でした。67馬力という当時としては高出力なエンジンにより加速と最高速度も十分なものであり、その特性から当時の白バイにも採用された実績を持ちます。


             

9位:YAMAHA XJ400

通称「ペケジェー」と呼ばれるバイクです。ヤマハ初の400ccDOHC4気筒モデルであり、ライバル車にはカワサキの「Z400FX」、スズキの「GSX400F」、ホンダの「CBX400F」がいました。また、ヤマハのバイクでありながらスタイリングが2位のZⅡに一番近いという意見もありました。


             

10位:YAMAHA RZ350

350ccでありながらパワーウェイトレシオでは当時の750ccと方を並べる数値をたたき出しており、その速さから「ナナハンキラー」、北米では「ポケットロケット」とまで呼ばれました。発売当時、とにかく速くて驚いたという意見が多かったです。


いかがでしたでしょうか。見た目の趣味だけでなく、度重なる規制によって現行のバイクより速い車種さえ存在する旧車と呼ばれるバイクたちには、掴んだ人の心を離さない深い魅力がありますね。


関連記事

  1. 中型だってこんなに速い!ゼロヨン最速トップテン

  2. スポーツカー開発の聖地!ニュルブルクリンク市販車最速トップテン

  3. 想像できない速度域!市販車最速トップテン

  4. 女性だって車に乗りたい!女性に人気の可愛い車トップテン

  5. 購入前に知っておこう!車のオプションパーツランキング

  6. 最速の四輪を創造する!F1コンストラクター優勝数トップテン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。