モータースポーツの頂点!歴代ドライバー優勝数トップテン

     
     
https://test.top10.co.jp/car/3512

モータースポーツの頂点に君臨するF1ドライバーは、自動車の運転のプロの中でも更に選ばれた人しか就くことができないポジションです。

今回は、そのF1ドライバーの中でも何度も優勝を飾っている、本当の意味でのモータースポーツの頂点に君臨するドライバーのトップテンをご紹介いたします。

※2017年シンガポールグランプリ終了時の成績です


             

1位:ミハエル・シューマッハ

優勝数:91回

F1ドライバーで1位、2位を争うほどに有名な選手である「ミハイル・シューマッハ」が1位にランクインです。日本国内では「赤い皇帝」「ターミネーター」、海外では「サイボーグ」などと呼ばれ、表彰台に上がる1位~3位の総合記録でも155回で1位という圧倒的な成績の持ち主です。


             

2位:ルイス・ハミルトン

優勝数:60回

2008年に当時の史上最年少(23歳300日)でF1ワールドチャンピオンを獲得したF1ドライバーです。2017年の第13戦イタリアGPでは、当ランキング1位の「ミハエル・シューマッハ」の最多ポールポジション記録を破りました。


             

3位:アラン・プロスト

優勝数:51回

現役時代にはその走りと名前の「プロ」から「プロフェッサ-」と呼ばれ、「ネルソン・ピケ」当ランキング5位の「アイルトン・セナ」7位の「ナイジェル・マンセル」と並べて「四強」等と呼ばれていました。


             

4位:セバスチャン・ベッテル

優勝数:46回

少年時代から1位の「ミハエル・シューマッハ」と面識があり、カート時代はその後継者として「ベイビー・シューミ」と呼ばれていました。F1において数々の最年少記録を樹立しており、2010年の第19戦アブダビGPでは現在の最年少ワールドチャンピオン記録である23歳134日を達成しました。


             

5位:アイルトン・セナ

優勝数:41回

3位の「アラン・プロスト」で述べたように「四強」の一人に数えられ、今でも「史上最速のF1ドライバー」と呼ばれます。コーナーで小刻みに精密なアクセル操作を行うために、その入力を受け取ったコンピュータが「ノイズ」として認識してしまうという、セナでなければ起こりえないトラブルが起きた。などの数々の逸話も残しています。


             

6位:フェルナンド・アロンソ

優勝数:32回

2005年当時の史上最年少ドライバーズチャンピオン記録の保持者でした(24歳58日)。また、2018年にはF1と並行してル・マン24時間にも参戦して総合優勝を収めています。


             

7位:ナイジェル・マンセル

優勝数:31回

イギリスのレーシングドライバーであり、「四強」の一人に数えられた選手です。直情できな性格や、そのドライビングスタイルから日本では「マンちゃん」「荒法師」「暴れん坊将軍」などと呼ばれています。


             

8位:ジャッキー・スチュワート

優勝数:27回

イギリスのレーシングドライバーです。現役時代からレースの安全問題について言及していたことで有名な選手であり、サーキットの設備改善やフルフェイスヘルメットの普及などを訴えました。


             

9位:ニキ・ラウダ

優勝数:25回

レース中に事故を起こし、炎上する車内で大火傷を追って数日間生死の境を彷徨うも、なんと6週間後にF1レースに復帰するというエピソードから「不死鳥」と呼ばれます。これらのエピソードを踏まえ、2014年にはラウダを主人公の一人とした映画『ラッシュ/プライドと友情』(邦題)が公開されました。


             

10位:ジム・クラーク

優勝数:25回

「フライング・スコット(天駆けるスコットランド人」の異名をもつスコットランドのF1ドライバーです。不調のマシンでも難なく乗りこなしてしまう為に、メカニックに「彼がマシンに乗ると、セッティングが進まない」と言わしめるほどの技術を持っていました。


いかがでしたでしょうか。今回ご紹介した他にもF1ドライバー達には信じられないような逸話が沢山残っています。もし興味があれば、一度調べてみるのも良いかもしれませんね。


関連記事

  1. 中型だってこんなに速い!ゼロヨン最速トップテン

  2. スポーツカー開発の聖地!ニュルブルクリンク市販車最速トップテン

  3. 現行時代に乗っていた人達に聞いた!かっこいい旧車(バイク)トップテン

  4. 想像できない速度域!市販車最速トップテン

  5. 女性だって車に乗りたい!女性に人気の可愛い車トップテン

  6. 購入前に知っておこう!車のオプションパーツランキング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。