大人なら知っているべき皮革製品の素材ランキング

     
     
https://test.top10.co.jp/fashion/3294

革製品は手入れをしながら長く使う製品です。

できるだけ同じ革で統一したいですね。

事前に皮革の種類を確認しておきましょう。


             

1位:馬革(コードバン)

もっとも綺麗な光沢を誇るコードバンは誰もが欲しがる革のダイヤモンド。

その硬さは水を通さないほど緻密な繊維によって出来ている。

競走馬からは取れず、農耕馬の一部からしか取れない貴重品なため同じ革の靴とベルトを持つことは紳士の夢とも言える。


             

2位:ワニ革(クロコダイル)

美しい鱗模様のなかでも大柄なクロコダイルはエキゾチックレザーの王様。

腹側の竹斑と脇腹の玉斑で模様が異なり、自分好みの模様を手に入れるのは根気よく探すべき。

牛革にワニ柄型押ししてまで使われているほど人気なのは、クロコダイルを一度目にすれば二度と使えなくなるからだろう。


             

3位:駝鳥(オーストリッチ)

羽を抜いた痕「クイルマーク」が独特な模様を生む。

柔らかい革で丈夫でしなやか、ワニ革に並ぶ高級素材。

ハンドバッグのイメージが強いが小物にも使われているので一式そろえることも可能。


             

4位:ヤギ革(ゴートスキン)

革の中では柔らかく触り心地に安心できます。

そのため身に着ける手袋などの高級品として使われています。

ヒツジ革も同様の特徴ですがヤギのほうが耐久性があり、牛革より薄く強度があります。


             

5位:鹿革(ディアスキン)

武将の兜にもあるように日本では昔から使われてきた馴染みのある鹿革。

軽く柔らかいうえに水にも強い優れものです。

またセーム革(油でなめしたもの)は水を吸収しても柔らかく、細かい繊維でできていることから貴金属やレンズ磨き、自動車磨きなどに使われています。


             

6位:牛革(カウレザー)

定番かつ王道ゆえにタンナーの努力が滲み出ている。

ブライドルレザー、マットーネ、ナポレオンカーフと加工技術が豊富にあります。

傷、しわ、血筋などを天然の良さを生かした革は使い込むほど、その特徴が良く現されます。


             

7位:豚革(ピッグスキン)

日本で畜産→タンナー→加工までを一貫してできる皮革製品。

毛穴が貫通しており通気性が良く、内張りや靴の中敷に使われることが多い。

唯一、海外に輸出している。


             

8位:エイ革(スティングレイ)

硬くて頑丈、傷つかず汚れにくいアカエイの革。

18世紀フランスで装具に使われており、ファッションにも取り入れられた。

日本でも古来は「鮫皮」と呼ばれていたエイ革で刀の鞘など装具が作られていた。


             

9位:蛇革(パイソンレザー)

爬虫類の美しい鱗模様のもう一つの代表格ニシキヘビの革。

スネークとは違う特徴的な斑紋が人気で、特にひし形模様はダイヤモンドパイソンと呼ばれる。


             

10位:近大マグロ皮(マグロ)

世界初、近畿大学がクロマグロの革製品を作りました。

近大マグロは完全養殖のため傷がほとんどありません。

豚革に続き日本の雄となるでしょう。


自分の基調となる好みの革は見つかりましたか?

使い込みのしっかりした革は重厚感あふれ、自分を映す鏡となるでしょう。

次は大人のたしなみとして手入れの仕方も学習しておきましょう。


関連記事

  1. 恋人の魅力を引き立てる!彼女へプレゼントする香水トップテン

  2. 働く女性におすすめの人気ビジネスバッグ10選

  3. 恋人の魅力を引き立てる!彼氏へプレゼントする香水トップテン

  4. 社会人女性に人気のオフィスカジュアルブランドトップテン

  5. 重要度順!クールビズで男性が気をつけるべきところトップテン

  6. 機能性とかっこよさを両立!男性用おすすめビジネスバッグトップテン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。