これからはじめる、個人投資家向け不動産トップテン

     
     
https://test.top10.co.jp/finance/1667

マンション、アパート、駐車場……あなたは何を管理したいですか?

不動産と一口に言っても種類はさまざまです、管理する側にも向き不向きがあります。

今回は個人管理者向けに特徴などを含めて個人投資家さんにおすすめの不動産をご紹介!


             

1位:アパート

アパートは個人の地主が行う最も典型的な不動産投資といえるでしょう。市場も確立されていて、大手ハウスメーカー同士で見積もりを比較することができるため、発注依頼もしやすいです。また、大手ハウスメーカーは竣工後の一括借り上げサービスを行っているところもあります。従って管理面においても委託することもできるため、初めての不動産投資の方にもお勧めといえます。


             

2位:区分ワンルームマンション

立地面さえ条件をクリアできれば収益性や換金性を初め、様々な面で優れた不動産になります。特に都内や主要都市近辺は単身世帯が増加傾向にありますので、入居者も探しやすい傾向が見られます。また、分割性に優れているため、相続対策としても購入に一考の余地ありです。


             

3位:駐車場

初期投資額の面では群を抜いてコストの少なさを誇ります。土地の有効な活用方法を見出すまで時間貸し駐車場とするもよし、フランチャイズ契約を結び煩わしい作業をすべて任せてしまうもよしです。初期投資も他の不動産投資に比べれば小さいため、撤退する際のダメージも小さくすることができます。


             

4位:区分ファミリータイプマンション

入居者が退去した後に、分譲マンションとして高値で売却できる強みを持ちます。ただし、ワンルームタイプに比べ物件数が少ないこと、賃貸する際リフォームの回数、頻度が多いことを考慮しなければなりません。


             

5位:戸建て賃貸

供給量がアパートに比べ少ないため、少なからずニーズは存在しています。多少のリフォームは必要となりますが、新築物件を購入するよりは格段に投資額を抑えることができます。


             

6位:定期借地事業

元々保有している土地がいい条件にある人にオススメの投資になります。この投資は建物の投資を伴わないため、建物にまつわるトラブルを回避しながら収益を得られます。


             

7位:一棟マンション

初期投資額はかなり大きくなりますが、都内の市場では頻繁に物件の売買がされており、物件の探しやすさ、購入のしやすさの点で個人投資家に向いた投資先であるといえます。


             

8位:土地値物件

建物も合わせて土地値以下で買える物件のことを土地値物件と呼びます。リフォームに関する知識が豊富な人にオススメで、投資に万が一失敗しても更地にして売れば購入費用に近い金額で売却も可能です。


             

9位:商業ビル

ハイリスクハイリターンの物件です。修繕等に関する負担も少なく、高利回りが狙いやすいです。一方で空室になるリスクは高く、年単位で入居者が決まらないことも想定しなければなりません。


             

10位:倉庫・ガレージ

住居ほど設備も多くないため、メンテナンスに伴うコストを低く抑えることができ、高利回りも期待できるため投資効率の良さは優れています。ただし、こちらも商業ビル同様空室期間を想定する必要があります。


関連記事

  1. 安全、自由!今人気の仮想通貨トップテン

  2. 今、簡単だと話題のネットバンクトップテン!

  3. 顧客満足度からみる使いやすいネット証券会社トップテン

  4. 外貨預金をしたい人にオススメの信用性の高い通貨トップテン

  5. 仕事でも!個人でも!資産運用に役立つ資格トップテン

  6. 初めてカードを作るならこれ!還元率の良い人気のクレジットカードトップテン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。