大衆のお酒!ビールの世界シェアトップテン

     
     
https://test.top10.co.jp/gourmet_travel/2961

熱い夏場はもちろんのこと、冬だって美味しい一年中楽しめる大衆のお酒であるビール。今回は、世界でも人気のビールのシェアをトップテンにしてご紹介いたします。


             

1位:雪花

世界シェア1位に輝いたのは、中国のビール「雪花」です。日本ではあまり聞かずに馴染みのないビールですが、中国国内での人気が非常に高く、価格もとても安価であるそうです。人口の多い中国でのシェアが大きいことがこの結果につながっていると言えるのではないでしょうか。


             

2位:青島

1位に続いて2位をとったこの「青島」も中国のビールです。こちらは日本国内でも有名なビールなので、ビール好きの方なら聞いたことがあるかもしれません。スッキリした味わいであり、好きな味だという人も多いのではないでしょうか。


             

3位:バドライト

バドワイザーのカロリーなどを控えたライトバージョンなのが、このバドライトです。アメリカでは断トツで高い人気を誇っています。悪く言えば水っぽく、よく言えば飲みやすい味わいだそうです。


             

4位:バドワイザー

日本国内で海外のビールというと、まっさきに名前が上がるのがこのバドワイザーではないでしょうか。飲みやすい為に、このビールを愛飲している方も多いと思います。ちなみにバドワイザーは1993年からキリンが製造販売していましたが、2018年末で製造中止となり、輸入販売になるそうです。


             

5位:スコール

ブラジルからランクインしたのがこのスコールで、ブラジル国外でも高い人気を誇っています。また、ラテンアメリカで最も価値のあるブランドの1位に選出されたこともあるそうです。


             

6位:燕京

またも中国からのランクインです。ブランドの創業は1980年とビールの販売を行っているメーカーとしては歴史の浅いブランドですが、2008年の北京オリンピックでは公式スポンサーになっているなどの実績もあるようです。味はほんのりフルーティな味わいだそうです。


             

7位:ハイネケン

オランダのビールであるハイネケンは、バドワイザーに次いで日本国内での知名度が高い海外のビールではないでしょうか。飲みやすさと香りの強さを両立させた味わいのビールです。


             

8位:ハルビン

こちらも中国のビールです。中国でもっとも歴史の長い醸造所でつくられるビールであり、フルーティーでほのかな甘みを感じられるサッパリとした後味だそうです。


             

9位:ブラーマ

ブラジルから2つめのランクインです。日本では正規輸入されていませんが、ブラジルではポピュラーなビールです。日本のビールに比べ、スッキリして飲みやすい味です。


             

10位:クアーズ・ライト

現在50ヵ国以上で販売されている有名なビールで、日本国内でも手に入れることができます。「”銀の弾丸”の異名をもつ究極の飲みやすさ」とラベルの背面に表記されているほどに飲みやすいようです。


いかがでしたでしょうか。上位2つに中国のビールがランクインしていますね。それもその筈で、人口の多い中国は2位のアメリカ、3位のブラジルを抑えてビールの消費量が世界一の国なのです。その1位である雪花など、日本では中々見かけられないビールですが、是非飲んでみたいですね。


関連記事

  1. 海外旅行におすすめ!世界遺産登録件数トップテン

  2. お酒好きなあの人へ!プレゼントに人気の「お酒グッズ」トップテン

  3. ゆっくり浸かって癒されたい!人気温泉地トップテン

  4. インスタ映え確実!!東京都内の一風変わったカフェトップテン!!

  5. 懐かしい!みんなが大好きだった給食のメニュートップテン

  6. 子連れ・赤ちゃん連れにおすすめ!旅行先人気トップテン【国内】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。