日本の伝統!評価の高い日本酒トップテン

     
     
https://test.top10.co.jp/gourmet_travel/3049

古くから日本人に親しまれてきたお酒が、この「日本酒」です。熱燗のように温度を変えても美味しいお酒で、季節の移り変わりによって気温の変化が激しい日本において、一年中いつ飲んでも楽しめるのも魅力です。

今回はその日本酒の人気シリーズをトップテンにしてご紹介いたします。


             

1位:獺祭(だっさい)

山口県岩国市の酒蔵である旭酒造の日本酒が、この獺祭です。日本酒の原材料である酒米造りからこだわって作られたお酒であり、とにかく飲みやすさに重きを置いたフルーティな飲み口が圧倒的な人気の理由です。日本酒を飲み慣れない人でもつい進んでしまう「日本酒の定番」と言ってもよいお酒でしょう。


             

2位:十四代(じゅうよんだい)

山形県村山市を発とするこの日本酒は「幻の日本酒」とまで呼ばれます。時として定価の何倍もの値段で取引されることもあります。飲み口は香り高さとまろやかな甘みがマッチした極上の味わいであり、それが人気の理由となっています。


             

3位:醸し人九平次(かもしびとくへいじ)

優雅な酸味とフルーティーで華やかな香りが特徴の日本酒です。パリジェンヌにも人気のこの日本酒はなんとワイングラスで飲むことが推奨されています。また、ワイングラスでなくとも他の形態のグラスを使用することで様々な香りや味わいの変化を楽しむことができます。


             

4位:黒龍(こくりゅう)

「十四代に匹敵する」といわれるもう一つの幻の日本酒が、この「黒龍」です。澄み切った香りと、ふくらみのある米の味わいが特徴であり、幅広い世代の日本酒ファンから高い評価を得ています。


             

5位:田酒(でんしゅ)

青森県発の日本酒「田酒」は、今や日本全国で人気の日本酒であり、代表的な純米酒と言えるでしょう。コクがありつつもしつこさのない味わいが人気のお酒です。


             

6位:久保田(くぼた)

認知度ではトップレベルのこの「久保田」。特に久保田シリーズの頂点にある「萬壽」は「おいしい日本酒」の代名詞ではないでしょうか。すっきりした辛口な味わいのお酒です。


             

7位:出羽桜(でわざくら)

吟醸酒の火付け役となったことで知られているのが、この「出羽桜」です。その味わいは滑らかな口当たりとふくよかな旨みが特徴であり、幅のある味わいのお酒となっています。


             

8位:鳳凰美田(ほうおうびでん)

その名前は、原材料である米が鳳凰が舞うような美しい田んぼで作られていることに由来します。華やかで優しい口当たりが人気のお酒となっています。


             

9位:飛露喜(ひろき)

1999年に立ち上げられたという比較的最近立ち上げられたブランドですが、「甘み」「旨み」「香り」が三位一体となっており、フルーティかつしっかりした旨味を特徴とした日本酒です。


             

10位:八海山(はっかいさん)

新潟を発とする超有名な日本酒がこの「八海山」です。すっきりと飽きの来ない味わいが、どの層にも好まれているこの日本酒の人気の理由と言えるでしょう。


いかがでしたでしょうか。やはり、評価の高い日本酒は万人受けしやすい飲みやすい日本酒が多いので、日本酒に馴染みの少ない方もこの機会に試してみるのも良いのではないでしょうか。自分にとっての一番の日本酒を知っていると、お酒を飲むのもより一層楽しくなると思います。


関連記事

  1. 大衆のお酒!ビールの世界シェアトップテン

  2. 海外旅行におすすめ!世界遺産登録件数トップテン

  3. お酒好きなあの人へ!プレゼントに人気の「お酒グッズ」トップテン

  4. ゆっくり浸かって癒されたい!人気温泉地トップテン

  5. インスタ映え確実!!東京都内の一風変わったカフェトップテン!!

  6. 懐かしい!みんなが大好きだった給食のメニュートップテン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。