キャンプや緊急時にも便利!LEDライトアイテムTOP10

     
     
https://test.top10.co.jp/living/3616

キャンプや緊急時にはLEDライトは必要需品といいます。

世の中には数えきれないほどのLEDライトが存在するものの、どれでもよいというわけではありません。

いざというときに効果を発揮してくれるLEDライトを選択するのが望ましいです。

厳しい検査をクリアし、多くの人が重宝しているLEDライトばかりなので、ぜひ参考にしてください。


 


             

1位:ドミネーター DC-205F

LEDライト製品を専門的に手がけるメーカーのジェントスの商品です。コンパクトサイズでありながらも、200ルーメンの明るさを誇るのが特徴となります。防水仕様となっているため、キャンプに行く際にも便利で使い勝手が良くて、照射範囲が先端で調整できて、広範囲を照らしたいときにも便利です。


 


             

2位:マグライトソリテールLEDブラック

信頼と実績のブランドであるマグライトの商品です。数あるラインナップのなかで最もコンパクトなサイズであり、持ち運びに便利です。さらに、アルミ合金を削り出した頑丈なボディはキャンプなどの外出時にも安心して利用できる理由になるでしょう。


 


             

3位:G2X PRO LEDフラッシュライト

信頼と実績のSUREFIRE社の商品です。明るさがセールスポイントであるとともに、消防士のために作られた高強度航空宇宙用アルミ鋼材が使われている屈強なボディはさまざまな状況下で用いることができる理由になります。


 


             

4位:ジェントス 閃 325

手に収まるサイズのLEDライトであるものの、照射距離がおよそ138mもあります。高い照射能力と耐久性を備え、さまざまな状況で用いることができるLEDライトといえます。


 


             

5位:シュアファイア6PX LEDライト ディフェンダー

マイクロテクスチャードリフレクターによって、独自の自然な照射が実現されているのがひとつのセールスポイントです。明るさに問題ないのはもちろん、スイッチも押しやすくて普段使いするにしても選択する価値は十分あります。


 


             

6位:防水型LEDダイビングライトSRシリーズ

ナイトダイビングをされる人も愛用しています。最大照射距離は140mもあるため、大雨のなかで使用しても問題なく使えるのは使い勝手がよい理由になります。


 


             

7位:ジェントス スモールキーライト

重さ8グラムとほかのLEDライトに比べると群を抜いて軽いです。そのため、持ち運ぶにしても邪魔にはなりません。キーホルダー代わりとして付けておくこともできるため、いざというときにさっと照らせるのは便利です。


 


             

8位:MAGLITEソリテールLED ブリスターパック

LEDライトのなかで最も小さなサイズです。しかし、明るさは37ルーメンと申し分なく、キーホルダーとしてバッグについておけば、いざというときにでも問題なく使用できます。


             

9位:マグライトミニマグライト2AA

ヘッドを回すと、フラッシュ、省エネ、SOS、通常の4つのモード切替機能を搭載されています。光源寿命もおよそ10000時間であるため、長持ちという点においても問題ありません。


 


             

10位:レッドレンザーP7.2

世界中で名が知れ渡っているレッドレンザーP7の第2世代モデルとなります。直視できないくらいの明るさを誇っており、バッテリーの持ちもよく、災害時にも重宝できるLEDライトとなります。


キャンプのときに、「明かりが欲しい」と思ったとき、優れものLEDがあれば本当に便利です。

キャンプを楽しむためには事前に現地で困ることがないよう、準備が欠かせません。

ぜひ、楽しい思い出にするためにも、しっかりと準備をしておくとよいでしょう。


関連記事

  1. 「ヘイ!トップテン!初めて購入するんだけど、スマートスピーカーのおすすめを教えて」―「10件の候補があります!」

  2. 家具やお部屋が大変身!マスキングテープ活用術トップテン

  3. とりあえずIoTを試してみたいあなたに。おすすめ対応製品トップテン

  4. 2018年版住みたい街都内TOP10

  5. 汚れが落ちて、しかも安い!100均おすすめお掃除グッズトップテン

  6. 動物アレルギーがあっても安心!子供に人気のロボットペットトップテン!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。