今回こそ!TOEIC高得点を狙える参考書ベストテン

     
     
https://test.top10.co.jp/other/3428

海外出張に備えて、あるいはインセンティブ獲得といった目的のために、TOEICを受験しようとしているビジネスマンの方は多いかもしれません。書店には数多くのTOEIC対策本が並んでいますが、「一体どれから手を付ければよいのか……」と初心者の方は途方にくれてしまうでしょう。こちらでは、長らく評価されているベストセラーを中心に、人気のTOEIC参考書をランキング形式でご紹介します。


 


             

1位:公式TOEIC Listening & Reading 問題集

唯一のオフィシャルな問題集ということで、実際のテストに極めて近いレベル・傾向の問題がそろっており、TOEIC初心者から上級者まであらゆる受験者におすすめできます。TOEICは2016年5月から新形式に変更されていますので、新形式に対応した最新の問題集を解いて本番の感覚をつかんでおくといいでしょう。


 


             

2位:DUO 3.0

560もの例文が掲載されている「例文暗記型」の参考書です。単語や文法の解説も記載されているので、TOEICだけではなく多くの英語試験の対策本として用いられています。別売りのCDをあわせて購入するのがおすすめです。


 


             

3位:TOEIC TEST 特急シリーズ

シリーズのコンセプトは「スコア獲得のために必要な知識を“特急”で提供すること」なので、全体のおさらい、重要単語の暗記など、ニーズによって一冊一冊が細分化されています。さらに、テキストの音声は配信で入手できます。


 


             

4位:TOEIC L&Rテスト 究極のゼミシリーズ

受験経験のある方が高得点を目指すために読む参考書です。中級者があいまいにしがちな疑問点を解説し、続くテスト問題でカバーしていく形式になっています。


 


             

5位:キクタン TOEICシリーズ

単語の学習に特化した参考書です。単語が例文とともに紹介されているほか、リズムにあわせて単語の音声と意味が紹介されるCDも非常に役立つ教材です。


             

6位:一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法

英文法をわかりやすく説明してくれます。TOEIC対策の参考書ではありませんが、英文法への理解を深めたい方にはおすすめです。


 


             

7位:英語耳 発音ができるとリスニングができる

耳に入ってくる英語を「呪文」ではなく「言語」として理解するための参考書です。「発音ができるとリスニングができる」という考えのもと、発音のトレーニングを中心に構成されています。


 


             

8位:速読英単語シリーズ

英語を日本語と同じスピードでスムーズに読み進められる能力を身につけるための参考書として評価されています。TOEICに限らない、単語の学習が主なコンセプトとなっています。


 


             

9位:TOEIC L&Rテスト 直前の技術

試験直前に少しでもスコアを上げるための技術が紹介されています。勉強する順番や、マークシートの記入方法など、英語とは直接関係のないコツを網羅した内容となっています。


 


             

10位:マンガで攻略! はじめてのTOEICテスト 全パート対策

TOEICをはじめて受けるようなかた向けに、どんなテストなのかや各パートの概要がマンガによって説明されています。勉強を進めるための第一歩にうってつけです。


 


いかがでしょう。気になる参考書は見つかったでしょうか? これらの参考書をすべて読むのは現実的ではありませんので、まずは自分の英語力や苦手分野から必要な参考書を選んでみてください。外国語のスキル向上は時間がかかりますので、一度TOEICスコアが目標に届かなかったとしても、参考書を読み進め勉強を継続していく姿勢が大切です。


関連記事

  1. 目指せマルチリンガル!?出来ると有利な世界最強言語トップテン!!

  2. ビジネスシーンで活躍!シンプルで使いやすい評判の手帳トップテン

  3. 金額は関係ない!お札に描かれている偉人の人気トップテン!!

  4. 初めて飼うならこの子!人気の犬種トップテン

  5. これで迷わない!妊婦さんに聞いた出産祝いで嬉しかったものトップテン

  6. 持っていればそれだけで格があがる!?ビジネスマンに人気のボールペンメーカートップテン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。