まるで近未来?もう実用されつつあるIoT技術の最新事情トップテン

     
     
https://test.top10.co.jp/pc/1811

「IoT」とは「Internet of Things」のこと、身の回りのありとあらゆるものがインターネットにつながる仕組みのことです。

現在進化している最中の技術で、どんどんIoT対応の製品がリリースされています。

今回は、身近にあるIoTの技術をご紹介!


             

1位:ボタン一つで注文から配達まで

Amazon_Dash_Buttonといって欲しい商品のボタンを押せば自動的にAmazonに注文を出して、翌日には商品が届くという便利品。

少しプログラミングできればAWSButtonを利用して自分好みのIotボタンにカスタマイズすることも可能です。


             

2位:スマートペン

スマートペンで専用の紙に文字やイラストをかくと、その情報をデジタルに変換し、

スマホやタブレットにそのデータを転送するというもの。

紙データをスキャンしたり、カメラで撮影する手間がなくなります。


             

3位:エアコンのIot化

アプリを操作して、アプリの内容をエアコンに送信、エアコン受信・稼動できるというもの。

面倒そうな工事やセットアップは必要なく、専用キットとスマホだけでできます。


             

4位:Iot的な自転車

自分の自転車のペダルを専用のIotペダルに取り替えることで

自転車の速度や統計などのデータを始め、盗難の監視ができるようになります。


             

5位:ペットをIotで管理

FitBarkという専用端末をつけることで日々の活動状況や体温、個体差による成長差を知ることができます。愛好家やあまりペットに構ってあげられない方にいいかもしれません。


             

6位:おもちゃ× Iot

完成品は販売はされていませんが、お医者さんごっこや格闘ゲーム、ドライブなどがSeebo社から提供されています。Iot技術が加わることでよりリアルな遊びができるでしょう。


             

7位:Iot プラレール(非売品)

プラレール博で展覧されていたようです。

スマホでプラレールを発進させたり停止させたりなど男心を揺さぶる技術です。


             

8位:くら寿司

お皿のICタグで品質が管理されており、品質の落ちたものは自動でレーンから外すなど商品の最適化と業務、売り上げの最適化に貢献しています。


             

9位:物流をよくするIot

離島の交通不便問題を解消するべく陸・海・空の3ルートをドローンで24時間365日いつでもものを届けるというもの。

2015年9月に500gの荷物を10km先に届かせることに成功。


             

10位:セキュリティー× Iot

例えば鍵管理。アプリで鍵を制御し、鍵本体にデータを転送。そして鍵を駆動させます。BlockChainを使うことでIot技術の懸念されていたセキュリティー問題を解決したようです。


いかがですか?

思いもよらなかったものにIoTを導入することによってより便利になる、より快適になる、という試みがさまざまなところで行われています。

今後どのように生活の中に入ってくるか、楽しみな分野ですのでぜひご注目ください!


関連記事

  1. 究極のマウス選び!コスパも含めたランキングはこれだ!

  2. これで安心!使いやすくて高性能な、セキュリティソフトトップテン

  3. エンジニアに聞いた!DeepLearningに使用する人気のフレームワークトップテン

  4. イザというときに助かる!モバイルバッテリーTOP10

  5. 通信料にお金をかけたくないならおすすめ!格安SIMシェア率トップテン

  6. 2018年春版!ビジネスマンが選びたいノートパソコントップテン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。